赤組の完全優勝だけど

広報担当副会長です。台風21号の水入りがあったものの、学校祭が無事に終了しました。

体育祭の途中から取材に入りましたが、生徒たちは心の底から、仲間と楽しんでいました。

作り物の圧倒的なスケールと存在感。女子によるあでやかでかわいらしいマスゲーム、男子の凛々しい演舞。

福井しあわせ元気国体開催記念?国体競技障害競走、おもしろかったです。ハードル(陸上)、平均台(体操)、ぐるぐるバット(野球)、風船割り(フェンシング)、パン喰い(なんだ?)などなど、爆笑の連続でした。とくに最終組に出走した先生方、ハードルは潜るし跨ぐし、抱き合って走るし、そのバタバタぶりがオオウケで。各色の席に戻った先生は生徒たちとハイタッチ。これぞ武生高校の雰囲気だなぁと、微笑ましく思いました。

副会長の役割で閉会式で万歳三唱の音頭をとりました。「赤組が全部もっていったけれど、青も黒もがんばりました。みんなゼロから心をひとつに作り上げたすばらしい学校祭でした」そして…「平成最後のバンザイをしようと思います!」って言ったら生徒たちが「うぉぉぉぉ!」って、なんだか盛り上がって。「たけふこうこう、バンザーイ!」って。九百数十名の高校生があんなに元気いっぱい、バンザイ三唱する学校って、あるでしょうか。

学校祭のための10日間を全力で駆け抜けて、やり遂げた充実感があったのでしょう。でも思います。生徒たちがその名を誇らしげに叫ぶ「武生高校」って、いい学校です。これからも、これをキープしていくのが大切ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL