武生高等学校PTA活動方針

平成30年度 武生高校PTA会長方針

平成30年度 武生高校PTA会長方針

武生高校PTA会長

武生高校PTA会長

名村 良樹

学校を楽しもう

  平成の時代もあと1年となりました。この30年の間に私たちの生活環境も大きく変化しましたが、グローバル規模での変革はさらに加速しそうです。

  近い将来には仕事の7割はAI(人工知能)に取って代わられると言われていますが、高い判断力や創造力をもった人の役割はかえって重みを増すのではないでしょうか。

  さらに4年後には成人年齢が18歳に引き下げられます。子どもたちは高校で知識を身に付けることはもちろんですが、人としての魅力も同時に磨く必要性を強く感じます。

  今年度の合言葉は「学校を楽しもう」です。

  高校生は大人の一歩手前であり、距離感のつかみにくい難しい年ごろではありますが、まだまだ私たち保護者の必要な援助や支えは外せません。

  保護者のみなさんには、まずは学校を知り、学校を楽しむつもりで、PTAをご活用ください。保護者同士の情報交換や先生方との意思疎通の機会も増え、学校の教育力の向上にも寄与できます。何よりも、お子さんが今、どんな仲間と何に取り組んでいるのか、あるいはどんな壁を乗り越えようとしているのかを把握する一助にもなります。

  校歌に歌われるような「明朗自律の児」として、子どもたちが胸を張って次のステージに羽ばたいていく姿を見ることは、私たち保護者共通の願いです。

  高校は保護者がお子さんとともに歩む最後の階段です。短い3年間ですが、子どもたちを真ん中に、保護者と学校の「三人四脚」で一日一日を楽しみながら丁寧に積み重ねてまいりましょう。

  武生高校PTAは学校と密接に連携しつつ、本年度も進路説明会や研修会、環境整備や広報などの諸活動に取り組んでまいります。
  諸活動等に関しては、PTAホームページで積極的に情報発信をしていきます。

  みなさんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。