福井県高等学校PTA連合会 キャリアガイダンス研修会

さる、平成30年9月8日(土)に福井県生活学習館において、福井県高等学校

PTA連合会主催による「キャリアガイダンス研修会」が開催。

武高からは、名村会長、金崎教頭先生、山本先生、藤副会長、そして西出の5名

で参加。

県高P連の担当委員として、名村会長の受付によるお出迎え。

演題は、

「地域の担い手を育てるのは誰なのか?」

~岐阜県吉城高校YCKプロジェクト(地域課題解決型キャリア教育)~

講師はキャリア教育コーディネーターの 関口祐太 氏

今、教育現場で期待の高まっているキャリア教育コーディネーターの実践発表でした。

ちなみに、この「キャリア教育コーディネーター」の資格保持者は福井県では現在2名だ

けのはず。非常に楽しみな講演です。

内容としては、人口減少に伴う生徒数減の問題を抱える吉城高校が、学校の魅力アップ

と生徒の課題解能力の育成の為に、2014年にコーディネーターのアドバイスのもと、

地域、行政と連携し「YKCプロジェクト(吉高地域キラメキプロジェクト)」を立ち上げ、

学校の課外事業で様々な地域課題に取り組むといった内容。

多忙な先生方が奮起し、地域、行政と一体となり、ひとつのチームとして取り組んでいる

素晴らしい活動です。

個人的には、PTAの保護者側(もちろん地域住民ではあるが)の係わりとプロジェクトでの

活躍をもっと聞きたいと感じましたが、これからの激変する社会において重要視されている

「キャリア教育」の実践例を知ることが出来、非常に有意義な講演でした。

 

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL