北信越地区高等学校PTA連合会研究大会 開催

   7月13日(金)から14日(土)に、新潟市において、北信越地区高等学校PTA研究大会が開催。

武生高校からは、名村会長、金崎教頭先生をはじめ、8名での参加。

  

遠かったです、新潟市。。。

無事に到着し、開会式より参加。 歓迎アトラクションは新潟らしい素晴らしいものでした。

 

そして第2分科会。 テーマは「進路指導とPTA」。

各発表校のPTA活動の取り組みを聞き、大いに参考になりました。

夜は教育懇談会が催され1000名近い参加者。皆で新潟の地酒を楽しみながらの意見交換。

北信越地区のPTA会員の熱意を感じる事ができました。

2日目の14日は、文部科学大臣補佐官 鈴木 寛 氏による祈念講演。

演題は「PTAに期待すること」

これからAI化が進み激変する社会において、子ども達が「生きる力」を身に着けるために我々が

取り組まなければならない事は何か、を考えさせられる内容。

大変に有意義な2日間。ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL